<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『隠窓からの眼』終了

6/22(金)に池袋の 音処手刀にて 『隠窓からの眼』というイベントに出演致しました。
対バン(敬称略):吉田カナミ/The Ghost inside of Me/虚飾集団廻天百眼/アネモネ(バンド編成)でした。

対バンの皆様の感想をば。

■吉田カナミ様
えびさわなおきさんのアコーディオンと気品あるカナミさんの歌で、一曲一曲ドラマティックなシャンソン。
次自分(レンダ)の出番なのに、魅せられて曲の世界にどっぷりはまりそうになりちょっと慌ててしまいました。(入り込むと気持ちが戻って来られなくなりそうなので・・。)
「アコーディオン弾き」の華やかさと切なさがたまらない。アコーディオン弾き、なんで死んでしまったん(T_T)ってなってました。

■The Ghost inside of Me様
BaNさんのソロしか見たことが無かったのですが、今回ベースのマヤさん、バイオリンの霧島くろみさんの3人編成。一曲目の「Museum」。4拍子からの3拍子へ変わるのが自然で、疾走感があってめっちゃ良い。
始まりにぴったりで、舞台の幕が上がった感じがしました。とても好みです。
ライブ終始、美しい世界にうっとり。ブロマイド、チラシなどのアートワークも凝っていて素敵。
7/6のワンマンライブはドラムやギター、ダンサーなども入るようなのでよりダークファンタジーな世界に浸れそう。大阪の皆様必見ですよ。

■虚飾集団廻天百眼様
世の中には可愛い子がこんなにいっぱいいるんだなぁ~と驚くくらい綺麗・可愛い子揃いで眼福。
大勢での別々の動きなのに全体を見ると統一感があったり、ボーカルを軸にとても迫力があり圧巻。劇団さんはやはり舞台の見せ方が上手い。曲がほんと良き。

■アネモネ(バンド編成)様
バンド編成でのアネモネさんを初めて見たのですが、バニラさんとやすさんのボーカル2人の『静』とセバさんのドラム・中野裕二さんのベース・水永達也さんのギターの『動』に、まるで渦潮のように会場全体がのみ込まれていくよう。
それが心地よくて、切なくて、ライブを見ながら、ああもうすぐ演奏が終わってしまうのが悲しい、終わらないでほしいと思った程でした。

レンダのセットリストはこちら。

1.撒かしょ
2.円環模様
3.インスマス
4.風の子供
5.触れ得ず
6.睡蓮
7.まるで早送りのように(仮)
8.クオリア(仮)

でした。

リハーサルの時に手刀のスタッフさんに「お、このマイクは良いマイクだ」とマイクを誉められ嬉しかった。
「ほほほ、そうなんですよ、良いでしょうちの子」ってなりました。

見て頂いた皆様、共演者の皆様、ありがとうございました。

楽屋にて、The Ghost inside of Me&レンダ。
e0084214_09572383.jpg

久々の再会を喜びあうアネモネのバニラさんとハコ。
e0084214_09572804.jpg


[PR]
by lender | 2018-06-24 10:03

6/2(土)は早稲田茶箱にてお昼からのイベント『デンパホリック特別編 RE-EXAM DRIVING2』のLive枠でレンダ出演致しました。
昨日(6/1)がちょうど主催のSOSUKEさんの誕生日であったこともあり、お祝いモードなイベント。
DJぢるちゃんが息子さんを連れて来ており、大きくなったその姿に時の移ろいを感じる。

今回、レンダ以外のライブ枠で村上ユカさんも出演。
「僕の心で」の曲の前MCで「今まで音楽を作ってきて、ようやく表現したいことを曲に出来た。」というような話をしていて、
ユカさん程の方でもそうなのかと衝撃を受け、それはきっと、常に真摯に曲を作り続けてきたからこそ出る言葉だなぁと思いました。

最後にはレンダ・ユカさんで2曲をコラボしましたー。
コラボ曲はP-model/平沢進「美術館であった人だろ」と「Lotus」。
ユカさんが「美術館であった人だろ」を歌うということに驚いたのではないでしょうか。

さて、レンダのライブ曲リストは下記となります。
1.星が廻るのを知った
2.dunklen stelle
3.輪郭
4.火花
5.月が怖いと貴方は言った
6.風の子供
7.睡蓮
8.まるで早送りのように(仮)
9.クオリア(仮)

今回、酔いヒコが「星が廻るのを知った」の曲の成り立ちなどをMCで振ってきて、突然だったので
「全然覚えてない・・えっと 歌詞をちゃんと書こうと思って頑張った」みたいな感じで、全然上手く話せなかったのですが、ライブ終わってから冷静に思い出してみました。
思えば、曲の出来た成り立ちは、年末実家に帰った時に、昔から読んでいた「星の図鑑」を久しぶりに見て星についてしばらく思いを馳せていたのと、
歌詞については、私や僕などの一人称や、君やあなたなどの二人称を一切使わないで書こうと決めて書いたのでした。
その効果?で少し俯瞰というか、星を眺めるような距離感を作品世界に出せたらと。
・・・なんだろう、改めて真面目に書くと、なんか恥ずかしくなってきた。でも、MCでちゃんと言えなかったのでここに書いておきます。

あと、レンダライブ中に「エレベーターとエスカレーターがどっちがどっちかいつも分からなくなるのだけど、村上ユカさんの銀河エレベーターのMVにて、銀河エレベーター♪の歌詞のところで腕をまっすぐ上げていく振付があって、あれでやっと上に行くのがエレベーターと覚えられましたー」と話したのですが、その時にユカさんに「私もー、だからあの曲作ったんだ♪」って仰っていただき嬉しかったです。まさかユカさんもとは。

ライブを見て頂いた皆様、ありがとうございました。

[PR]
by lender | 2018-06-03 18:23