カテゴリ:未分類( 473 )

『隠窓からの眼』終了

6/22(金)に池袋の 音処手刀にて 『隠窓からの眼』というイベントに出演致しました。
対バン(敬称略):吉田カナミ/The Ghost inside of Me/虚飾集団廻天百眼/アネモネ(バンド編成)でした。

対バンの皆様の感想をば。

■吉田カナミ様
えびさわなおきさんのアコーディオンと気品あるカナミさんの歌で、一曲一曲ドラマティックなシャンソン。
次自分(レンダ)の出番なのに、魅せられて曲の世界にどっぷりはまりそうになりちょっと慌ててしまいました。(入り込むと気持ちが戻って来られなくなりそうなので・・。)
「アコーディオン弾き」の華やかさと切なさがたまらない。アコーディオン弾き、なんで死んでしまったん(T_T)ってなってました。

■The Ghost inside of Me様
BaNさんのソロしか見たことが無かったのですが、今回ベースのマヤさん、バイオリンの霧島くろみさんの3人編成。一曲目の「Museum」。4拍子からの3拍子へ変わるのが自然で、疾走感があってめっちゃ良い。
始まりにぴったりで、舞台の幕が上がった感じがしました。とても好みです。
ライブ終始、美しい世界にうっとり。ブロマイド、チラシなどのアートワークも凝っていて素敵。
7/6のワンマンライブはドラムやギター、ダンサーなども入るようなのでよりダークファンタジーな世界に浸れそう。大阪の皆様必見ですよ。

■虚飾集団廻天百眼様
世の中には可愛い子がこんなにいっぱいいるんだなぁ~と驚くくらい綺麗・可愛い子揃いで眼福。
大勢での別々の動きなのに全体を見ると統一感があったり、ボーカルを軸にとても迫力があり圧巻。劇団さんはやはり舞台の見せ方が上手い。曲がほんと良き。

■アネモネ(バンド編成)様
バンド編成でのアネモネさんを初めて見たのですが、バニラさんとやすさんのボーカル2人の『静』とセバさんのドラム・中野裕二さんのベース・水永達也さんのギターの『動』に、まるで渦潮のように会場全体がのみ込まれていくよう。
それが心地よくて、切なくて、ライブを見ながら、ああもうすぐ演奏が終わってしまうのが悲しい、終わらないでほしいと思った程でした。

レンダのセットリストはこちら。

1.撒かしょ
2.円環模様
3.インスマス
4.風の子供
5.触れ得ず
6.睡蓮
7.まるで早送りのように(仮)
8.クオリア(仮)

でした。

リハーサルの時に手刀のスタッフさんに「お、このマイクは良いマイクだ」とマイクを誉められ嬉しかった。
「ほほほ、そうなんですよ、良いでしょうちの子」ってなりました。

見て頂いた皆様、共演者の皆様、ありがとうございました。

楽屋にて、The Ghost inside of Me&レンダ。
e0084214_09572383.jpg

久々の再会を喜びあうアネモネのバニラさんとハコ。
e0084214_09572804.jpg


[PR]
by lender | 2018-06-24 10:03

6/2(土)は早稲田茶箱にてお昼からのイベント『デンパホリック特別編 RE-EXAM DRIVING2』のLive枠でレンダ出演致しました。
昨日(6/1)がちょうど主催のSOSUKEさんの誕生日であったこともあり、お祝いモードなイベント。
DJぢるちゃんが息子さんを連れて来ており、大きくなったその姿に時の移ろいを感じる。

今回、レンダ以外のライブ枠で村上ユカさんも出演。
「僕の心で」の曲の前MCで「今まで音楽を作ってきて、ようやく表現したいことを曲に出来た。」というような話をしていて、
ユカさん程の方でもそうなのかと衝撃を受け、それはきっと、常に真摯に曲を作り続けてきたからこそ出る言葉だなぁと思いました。

最後にはレンダ・ユカさんで2曲をコラボしましたー。
コラボ曲はP-model/平沢進「美術館であった人だろ」と「Lotus」。
ユカさんが「美術館であった人だろ」を歌うということに驚いたのではないでしょうか。

さて、レンダのライブ曲リストは下記となります。
1.星が廻るのを知った
2.dunklen stelle
3.輪郭
4.火花
5.月が怖いと貴方は言った
6.風の子供
7.睡蓮
8.まるで早送りのように(仮)
9.クオリア(仮)

今回、酔いヒコが「星が廻るのを知った」の曲の成り立ちなどをMCで振ってきて、突然だったので
「全然覚えてない・・えっと 歌詞をちゃんと書こうと思って頑張った」みたいな感じで、全然上手く話せなかったのですが、ライブ終わってから冷静に思い出してみました。
思えば、曲の出来た成り立ちは、年末実家に帰った時に、昔から読んでいた「星の図鑑」を久しぶりに見て星についてしばらく思いを馳せていたのと、
歌詞については、私や僕などの一人称や、君やあなたなどの二人称を一切使わないで書こうと決めて書いたのでした。
その効果?で少し俯瞰というか、星を眺めるような距離感を作品世界に出せたらと。
・・・なんだろう、改めて真面目に書くと、なんか恥ずかしくなってきた。でも、MCでちゃんと言えなかったのでここに書いておきます。

あと、レンダライブ中に「エレベーターとエスカレーターがどっちがどっちかいつも分からなくなるのだけど、村上ユカさんの銀河エレベーターのMVにて、銀河エレベーター♪の歌詞のところで腕をまっすぐ上げていく振付があって、あれでやっと上に行くのがエレベーターと覚えられましたー」と話したのですが、その時にユカさんに「私もー、だからあの曲作ったんだ♪」って仰っていただき嬉しかったです。まさかユカさんもとは。

ライブを見て頂いた皆様、ありがとうございました。

[PR]
by lender | 2018-06-03 18:23

イタリアのシンセポップバンド、VIDRAのFrancesco Fecondoさんのソロアルバム「NAGAREYAMA ADVENTURE」。
そのアルバム内の「L'uomo Tigre -タイガー・マスク」という曲が、何とレンダの「撒かしょ」に触発されたとお話しを頂きました。詳細は下記reryo様ブログにて詳細がございます。

「TECHNOLOGY POPS」

幻想的で大変美しい曲でした。
「撒かしょ」はもともと柳家喬太郎師匠の出囃子で、喬太郎師匠が好き過ぎて、曲を作ったので、
レンダにインスパイアされたということは、喬太郎師匠にインスパイアされたのと同義。
(さらに元は「月雪花名残文台」舞踊作品の「寒行雪姿見」という長唄です。
日本的なメロディーを気に入って頂けたのでしょうか。感慨深いです。
e0084214_22412305.jpg
このアルバムですが、レンダのアルバムも置いて頂いている、中野ブロードウェイにあるShop Mecanoにてショップ限定50枚、なんと無料配布しておられます。是非ゲットしてみて下さい。

[PR]
by lender | 2018-05-20 22:52

GW後半の5/3(木)にBRUNET BULL(ブルネットブル)さんの3daysライブの初日にレンダ出演致しました。

対バン(敬称略):At a bowl/Trinity/Mudslide(from仙台)/DUEL/BRUNET BULL、Sexy dance:Kumi(cooco)、DJ:TAKE(Cat House Japan) でした。
e0084214_21591611.jpg

BRUNET BULLさん、略してブルブルさんの今年で13年目となるイベント。ハードロック(メタル寄り)バンドさん達の中、ちんまりとレンダお仲間に入れて頂きました。ハードロックな方々とやることがあまり無い為、リハーサルからすごく新鮮。ツーバスとツインペダルの違いを初めて知ったり、「ドラム3点(モニターアンプに)返しを下さい」とPAさんにギタリストさんが話しているのを聞き、ヒコに「ドラム3点ってなに?」と聞き「スネア、ハイハット、バスドラムのことだよ」と教えて貰ったりと知らないことばかり(「え、今更?」とお思いの方も多いでしょうね・・・)

ライブが始まると、爆音で盛り上がり、飛び交うメロイック・サイン(これも後で名前を知った)。

At a bowlさんはブルブルのドラマークッシーさんがここでも叩いていて圧巻、メンバー皆さん巧みで凄い、Trinityさんは「バーカ上司!」って曲が耳に残り、Mudslideさんは途中でマミーを飲んでいるのが面白くて、ドラムが半端なく上手くててびっくり。
DUELさんは、演奏力もさることながらMCが盛り上がる。BRUNET BULLさん、皆さん見た目からもうかっこいいし、演奏も上手いしで否応なしにお客さんのテンションがマックスに。

Kumiさんのポールダンスもセクシーでカッコ良かったなぁ。

DJのTAKEさん、これぞDJという淀みない進行で客席を盛り上げていました。すごい。

そんな中、レンダのみかなり毛色が違う演奏を・・でもみんなのってくれている、優しい(T_T)

イベント最後にセッションでクィーンの「we will rock you」を出演バンドVo(以外も?!)集結で歌いました。

さて、レンダの曲目リストは下記です。

1.撒かしょ
2.円環模様
3.インスマス
4.触れ得ず
5.睡蓮
6.まるで早送りのように(仮)(新曲)
7.ヒコ新曲
8.夜明けの街角

見て頂いた皆様、対バンの皆様、ありがとうございました。



[PR]
by lender | 2018-05-13 22:18

2/2(金)は、 新宿御苑 MERRY-GO-ROUNDにて 『拝啓、御苑より。』というイベントに出演させて頂きました。
対バン(敬称略)はdewey/Tia Rungray/world wide sizeでした。
思えば、レンダ今年初ライブでした。

対バンの皆様の感想を少し。

Tia Rungray様
美しく、哀しい旋律の間に、突然の狂気的なノイズが散りばめられており、
聴いていると、普段忘れている様々な感情が呼び起こされては、自分自身にその存在を訴えかけてくるような感覚になりました。一人の夜に、好きなお酒を飲みながら聴いていたい。

world wide size様
エレキギター+ノイズと生ドラムの二人組。ギターのエフェクターと、手元の機材のエフェクターで囲まれていて圧巻。
尖ったノイズ。生ドラムが入っていたのはなんとこのユニットだけという、ライブハウスなのに。

dewey様
音がとても気持ちが良かったです。今回映像がなかったのでよりお二人の動きを見ていました。
たんたんと音を作っていく姿が職人で素敵。
エフオピさんのマシンボイス、タイラさんのビブラートの美しい声もより今回はっきり聞こえた気がします。
ライブを見るたびに好きが増していく。

さて、レンダですが、曲目リストは下記となります。

1.触れ得ず
2.風の子供
3.星が廻るのを知った
4.闇雲に打たれた訳でも無いのに
5.火花
6.円環模様
7.撒かしょ
8.子供が消える日(クレヨン社カバー)
9.睡蓮
10.mind scape(P-modelカバー)
11.新曲

見て頂いた皆様、ありがとうございました。

ライブ終了後にdeweyさんとパシャリ。
e0084214_20193477.jpg


[PR]
by lender | 2018-02-04 20:20

去年の5月に訪れたぼたん苑。
冬のぼたんが開苑されておりましたので、行ってきました。

上野の街は、赤ちゃんパンダのシャンシャンにてフィーバーしておりました。
e0084214_16300516.jpg

e0084214_16301288.jpg
そんな上野公園・動物園の人だかりをちらっと見ながら、いそいそと上野東照宮のぼたん苑に。
門をくぐった途端、目に飛び込んだ置物(ぬいぐるみ?)。ぼたん苑にもシャンシャンフィーバーの余波が。
e0084214_16323999.jpg

5月と違って、牡丹一つ一つが藁で守られていて、まるで雪ん子のよう。
e0084214_16401056.jpg

e0084214_16403752.jpg

e0084214_16412862.jpg


蕾だったり、咲きかけだったりしている花が多かったですが、しっかり咲いている子も。
e0084214_16430138.jpg

e0084214_16522125.jpg


e0084214_16443184.jpg

e0084214_16482487.jpg

黄色い牡丹、ハイヌーンはよい香りがしました。
e0084214_16451691.jpg

e0084214_16450814.jpg

e0084214_16445753.jpg

黒い牡丹、初烏という名でした。
e0084214_16490851.jpg

蝋梅の黄色い花も綺麗。
e0084214_16504619.jpg



サザンカも咲いていました。
e0084214_16525102.jpg

e0084214_16525743.jpg
ミツマタという、和紙の原料になる木。
e0084214_16542646.jpg

布や綿で作ったような不思議な質感。
e0084214_16542864.jpg
5月と違って、まだ蕾の状態が多かったのですが、2月25日までやっているようなので、これからどんどん咲いていくことでしょう。


[PR]
by lender | 2018-01-07 16:59

11/26(日)秋葉原Cypherにて佐藤団長のイベント『Joy Ride vol.240』に出演致しました。
対バン(敬称略):Love The Candy’s/ELEKTEL/おもしろ三国志/やまのいゆずる/Francis、FOOD:XTC食堂、VJ:STEP (Base Of Operation)でした。

e0084214_02241569.jpg


1番手のLove The Candy’sさんはメンバー5人のエレポップ・ユニットで、今回のイベントでステージ上の人数が一番多かったです。
女性ボーカルのme-maさんが姿も声も艶可愛い。男性ボーカルのPicorinさんと二人で歌う曲が一段と気持ち良かったぁ。

続いて2番目が、ELEKTELさん。ELEKTELさんは去年のJoy Rideでもご一緒させて頂きました。
今回も、おお、メガネと靴が光っている。ゲストボーカルのトモコさんの踊りがキュートでキュンとしてしまいました。フレンチさ、ボサノバさが心地良い~。

そして3番目がレンダでした。一曲目からマシントラブりましたが、何とか無事ライブ終了。

曲目リストは下記です。
1.円環模様
2.撒かしょ
3.讃美歌01
4.讃美歌02
5.子供が消える日(クレヨン社カバー)
6.星が廻るのを知った
7.火花
8.触れ得ず
9.睡蓮
10.新曲
11.インスマス

見て頂いた皆様、ありがとうございました。

そしてレンダの出番が終わり、おもしろ三国志さんを見たくてすぐさま客席へ。
4番目のおもしろ三国志さん。名前に偽りなく(!?)面白かった~。董卓討つべし。
お客さんがノリノリで、熱気と笑いがすごい。
・・・ライブと関係ないのですが、三国志と聞くと、人形劇三国志のオープニング曲が頭の中に流れてしまう・・。

5番目が、Francisさん。
Francisさんは小里 誠さんのソロユニット。音がとても良くて、『ハモンハモン』という曲が痺れるカッコよさでした。楽しくて前の方でめっちゃ踊ってしまいました。

6番目が、やまのいゆずるさん。
ライブを見させていただくのが3回目なのですが、あらためて『山から得られるすべての体験』という曲が好きだと思いました。
客席に降りてきてギターを弾いてくれたので、近くでまじまじ弾いているところ見てしまった。
なるほどぉ~ってなりました。

佐藤団長の誕生日前日ということで、最後にやまのいゆずるさんより「みんなでハッピーバースディー歌おう!」という提案があり、残っていたみんなで歌ってお祝いしました。
佐藤団長お誕生日おめでとうございました。メリーダンチョリスマス!
e0084214_02191701.jpg
・・今回、去年食べてとても美味しかったXTC食堂さんのご飯が食べられなかったのが悔やまれます。次こそは。

[PR]
by lender | 2017-12-03 02:21

10/20(金)に池袋手刀にて『箱庭劇場+手刀ドーム企画 「綴ジ込め」』というイベントに出させて頂きました。

対バン(敬称略):ハナノビョウキ(大阪)/The Ghost Inside of Me(大阪)/ROSEMADDER/虚飾集団 廻天百眼 でした。見て頂いた皆様、ありがとうございました。

対バンの皆様の感想を少し。

■ハナノビョウキさん
知さんのノイズとフェイマスさんのVJ。
水墨画のような静かな色彩の中、言葉になれなかったもの、モヤのような、感情の渦巻きがノイズ音楽と相まって聴く者の心に呼びかけてくるステージでした。
静かな色彩の中に時折、朱色が混ざる時、知さんの静かな叫びが一瞬光る稲妻のように落ちるとき、美しくて哀しい感情が沸いてきて、胸が苦しくなりました。

■ROSEMADDERさん
完成された演奏力、舞い踊るボーカルmimiさんの長い髪、細い手足が美しく見惚れておりました。ゴシックで華やかな力強いステージ。

■The Ghost Inside of Meさん
BaNさんの音楽と朗読にピッタリと照明が合っていて、The Gost Inside of Meの世界に誘われるステージ。愛憎に踊らされ、自分を騙すように「幸せ」なのだと何度も言い聞かせている姿はどこか儚げで、美しい笑い声は、泣いているようにも聞こえる、そんな物語の世界。

■虚飾集団 廻天百眼さん
今回、次の劇団公演のオーディションも兼ねているという画期的(!?)なライブ。
完全暗転になって人が入れ替わっているのが「おお、人が違う」と。
ステージ上に人がたくさん並んでいて、でも踊りが入ってぶつからないのが凄いなぁ。

さて、レンダの曲目リストは下記となります。

1.円環模様
2.撒かしょ
3.讃美歌
4.風の子供
5.新曲
6.睡蓮
7.触れ得ず
8.インスマス

今回、久しぶりに新曲が出来ました。出来て良かった。

写真を頂いたので上げさせて頂きます。
e0084214_16014458.jpg

e0084214_16015696.jpg

e0084214_16020628.jpg

e0084214_16021484.jpg

e0084214_16022683.jpg


今回、お客様より素敵なプレゼントを頂きました。なんと手作りマグカップです。
以前にヒコバージョンを頂いていたので、並べてみました。

e0084214_16060477.jpg


e0084214_16061999.jpg
ちゃんと裏面にオチをもってくるところが素晴らしい。
ありがとうございます。


また、レンダのアルバムジャケットを手掛けてくれた夜舟さんの個展が、2017年11月3日(金)~7日(火)に、福岡のアトリエFLATにてあります。
e0084214_16105459.jpg
こちらのポストカードを、中野ブロードウェイ内、タコシェさん、ショップメカノさんに置かせて頂きました。お立ち寄りの際は、お手に取ってみてくださいね。

[PR]
by lender | 2017-10-22 16:13

ハコです。

9/2(土)に、大久保ひかりのうまにて『SONIKOV・レンダ緊急ツーマンライブ』をやらせて頂きました。

今回、SONIKOVは、伊藤さん完全ソロプロジェクト「Sonikovev(ソニコフエヴ)」から、一曲やったり、伊藤さんの新しいフレットレスベースやボコーダーが大活躍したりと盛りだくさんでした。伊藤さんのMCがはじけていた!

レンダの曲目リストは下記です。

1.夜明けの街角
2.円環模様
3.撒かしょ
4.風の子供
5.星が廻るのを知った
6.赤
7.闇雲に打たれた訳でも無いのに
8.火花
9.子供が消える日(クレヨン社カバー)
10.金星(平沢進カバー)
11.睡蓮
12.触れ得ず
13.インスマス

今回、私の大好きな、クレヨン社さんの「子供が消える日」を初めてカバーさせて頂きました。

見て頂いた皆様、ありがとうございました。
e0084214_16560316.jpg

[PR]
by lender | 2017-09-10 16:22

8/20(日)は早稲田茶箱にて、SOSUKEさんのイベント「DEMP@HOLIC」の開催200回記念特別開催にレンダ、ライブ枠で出演させて頂きました。

先月ご一緒した、deweyさん(新衣装!)のライブもあり、ハイラさんが一日店員さんでいらっしゃいました。

200回記念ということで、お祝いのケーキの持ち込みがあったり、M2代目さんの飛び入りの舞踊があったりと華やかで、SOSUKEさんへの祝福モード。
200回イベント開催するって、すごいです。1回でも大変なのに。

レンダのライブはというと、初め音が出なくて開始がだいぶ遅れてしまったのですが、何とか音が出て無事ライブ出来ました、良かったぁ・・。

[PR]
by lender | 2017-08-27 23:19