人気ブログランキング |

2006年 11月 27日 ( 2 )

イベントは踊る

続きをば。

前回のあらすじより時計を進める事少々。
逃げ出したくなるサザン重圧の中もがくレンダ。
そこに5分オシの声が!

最初の演奏がレンダでした。
今回もサザン以外はオリジナルで。
以下セットリスト
・夜明けの街角
・風の子供
・輪郭
・たまゆら
・悪循環
・ガッチャンコ
・フリフリ‘65(サザンカバー)
・反省文
・月が怖いと貴方は言った
・青

振り返ってみると、直前まで口にしていた緊張と不安の辛酸苦渋の味、開演と共に無味へ。
どうしよどうしよ言ってたハコ子が嘘みたいに伸び伸び唄ってたのに引っ張られ、夢中で鍵盤叩いてましたとさ。ただ夢中になりすぎて危うい場面も多々の自分よ。
興奮する自分を冷静に見るのが集中なら、その手前だったのでありましょうて。

そして楽しや、対バンの皆様の感想をば

FLTPさん
エッジの利いた演奏にハイトーンボイス。
歌詞を圧縮して一気に吐き出す姿が超絶!
MCも演奏も本当にカッコよくて楽しいかったです。
惜しむらくは「みんなのうた」での高速腕振りで翌日筋肉痛に。
レンダ2名、演奏終わった直後の痛む胃袋を押さえながら楽しく踊ってました。

トリガーハッピーさん
3度目のステージ。見れて幸せです。
D,Dさんのケレン味あふれる男臭さとルンルンガール隊の健康的なお色気。
個性的過ぎる演奏陣の奏でるRock`n Rollってば極上ですしヤバすぎます。
そりゃヨコハマまで行っちゃいますってばよ…
日頃のウップンが音を立てて晴れる、極上のエンターテイメント。
ただ惜しむらくは、「Way to the hell」の振り付けで翌日筋肉痛に。
年末の主催イベント「KISS MY GUN!」今から楽しみです!

My Suger Bombzさん
パワフルで色気の有るバンドさん。
てか今回出演の皆様のレベルの高さには本当に驚き…
声の使い分けとか曲の構成とか、洗練されてて聞き惚れてしまいます。
しかもノリノリ!
ひとつ惜しむらくは、前ステージでルンルンガール隊の投げたポンポンをニコニコ振りまくって翌日筋肉痛に。
マンビーのGスポットをカバーしてたのにドギモを抜かれました。

ラージライスさん
リハで聴いてすごく楽しみにしてました。
兎に角楽しい!!
懐かしくて新しいその上、こんなに楽しいなんて!
初めて聴くのに、最後までこんなに高揚するなんて嘘みたいでした。
実際の演奏時間に比べて、あっという間に終わってしまった様に思えて…
アンコールが終わった後に、まだもっと聞きたいのに!と悔しい気持ちにすらなりました。
イッチョメハッチョメ♪が頭から離れないのでCDを買う気マンマンです。
また見たい!てか見に行きます!

ちょっと体調が芳しく無く、打ち上げに出られなかったのが残念でなりません。
とても楽しい時間を本当にありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。


エンターテイメントの在り方とは十人十色なんだなぁと、今更ながら。
たくさんの刺激を受けました。
もっと深く掘り下げようと誓い、レンダは2006年のライブの幕を全て閉じたのでした。
by lender | 2006-11-27 23:35

まぜごはんの思い出

ヒコです。
ラージライスさんの主催イベントが終わり、幸福と疲労を噛み締める夜。
恒例、過日の思い出をばツラツラと。

ライブ前のレンダ。

まずは何を置いても今回の功労者のハコ子。
ヒコ側の、アレンジ四苦八苦七転八倒醜態劇のツケを見事、払って呉れました。
曲が終わらないと唄入れられないもんね…スマヌ!

当日もスタジオに入り、現地到着後も挨拶して即、カラオケへダッシュ。
ラージライスさんのイベントに泥だけは塗るまいて!を合言葉に、一般成人女性の
数倍、サザンを唄い込んだレンダ:ハコに万雷の拍手を。


思いついた順に書き散らかすのですが、今回のサザンのカバー。
レンダは「フリフリ‘65」をチョイスしました。
15年程昔か、「夢で会えたら」というTV番組のエンディングです。チョイスの理由は2つ。
・歌メロを知ってる。
・アレンジを知らない。
記憶を掘り下げて歌メロを音符にし、ドラムを入れて骨子に。
ある程度方向が定まった(気がした)ので、なんとなく原曲を聞いてみる。

やっべ、別物…

ジャジーでブルージーなアレンジに痺れつつ、これ以上聴くと毒だと思い、封印。
記憶にフタして聴かなかった事に。
だがこの後、記憶のフタの隙間から這い出すサザンに苦しめられるのは別の機会にでも。


そして、お針子の奮闘、ハコ衣装バージョンアップ。
今回ボンネットという、フリフリ頭飾の初披露。
和のテイストでロリータ風なのに、大正ロマネスクな感じのこの衣装。
ライブの回数に比例して豪華に。より華やかに。
お客様からも「何処に売ってるんですか」と問われる。
幕間のインタビューでもマイクを向けられる。
最近お針子さいなの脚光の浴び具合はスゴイなぁと。

続くのです。
by lender | 2006-11-27 02:35